Jump to content
  • ノルウェーの⼤型帆船《スターツロード・レムクル号》船上にて、 海洋研究の取組みを紹介する「オープンシップ」イベント開催(9 ⽉13⽇ 横浜ハンマーヘッド)

    picture of the ship
    ノルウェーから「ワン・オーシャン・エクスペディション」で世界⼀周の航海に出ている帆船のデッキを横浜停泊中に⼀般公開、船上の研究者や関連企業・研究所の取組みをご紹介します。

    2022年9⽉12⽇から9⽉15⽇まで、横浜ハンマーヘッドにノルウェー最古かつ最⼤の帆船《スターツロード・レムクル号》(以下「レムクル号」)が停泊します。1914年に建造され、現在は最先端の移動研究室となっているレムクル号は、「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年」の⼀環として「ワン・オーシャン・エクスペディション」の旗のもと、2023年4⽉まで20か⽉をかけて地球を⼀周しています。

    駐⽇ノルウェー⼤使館の主催による9⽉13⽇(⽕)の「オープンシップ」は、帆船のデッキ上で、船員、船上で研究を⾏う研究者や学⽣、パートナーである研究所、海洋技術を紹介するノルウェー企業に出会えるチャンスです。

    参加登録はこちらから

    ※参加は無料です

    帆船スターツロード・レムクル号と「ワン・オーシャン・エクスペディション」

    2021年から2030年は国連の定めた「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年」に当たります。ノルウェーの⼤型帆船《スターツロード・レムクル号》はこれを掲げて2021年8⽉にノルウェーを出発しました。2023年4⽉の航海終了までに55000海⾥を航⾏して世界36港を訪問、9⽉の横浜寄港によりアジアの国に初めて到達することになります。この地球⼀周の旅が「ワン・オーシャン・エクスペディション」です。


    航海の⽬的は、持続可能な開発における海洋の重要な役割を伝えることです。船には研究設備が備わっており、航海を通じて、学⽣や研究者、技術者が協⼒し、教育、科学、技術などの分野で海に関する新しい知識を構築していきます。

     

    「オープンシップ」でデッキを公開、海洋研究に関する展⽰と交流

    海の上の研究室となり、108歳で地球⼀周航海中のレムクル号は、2022年9⽉12⽇から9⽉15⽇まで横浜ハンマーヘッドに停泊します。駐⽇ノルウェー⼤使館は、9⽉13⽇(⽕)に「オープンシップ」を開催し、デッキにてノルウェー海洋研究所、ノルウェー極地研究所、コングスベルグ・マリタイム、ベルゲン⼤学、国連海洋科学の10年ノルウェー国内委員会、海洋政策研究所、チームノルウェーによる展⽰や、船員、研究者、学⽣、技術者との交流の機会を設けます。

     

    「オープンシップ」の展示・交流プログラム(予定)

     

    注意事項

    • 入場の際には、写真付き身分証明書の提示が必要となります。(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、在留カード)写真付き身分証明書の提示がないと、入場していただくことができません。
    • チケット登録の際は、当日提示いただく写真付き身分証明書に記載の氏名と同じ氏名をご登録ください。記載が異なる場合は、入場していただくことができません。
    • 車いすの方はお申込み前に別途お問合せ下さい。
    • お申込みされたチケットの他の方への譲渡はできません。
    • お申込みは、お一人様1枚までとさせていただきます。
    • イベントは雨天決行ですが、荒天の場合はキャンセルとなることがあります。
    • 当日体調がすぐれない方、発熱されている方は来場をご遠慮ください。

     

    お問合せ先

    ノルウェー⼤使館広報部
    電話:03-6408-8100 メールアドレス:emb.tokyo.info@mfa.no